ログイン

cart

時事NEWS
NITE発表
次亜塩素酸水の有効性について見解と解説
(2020年6月26日発表分)

2020年6月26日、経済産業省 及び 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)より、次亜塩素酸水の新型コロナウイルス感染症への有効性が確認できたとの最終発表がありました。

新型コロナウイルスに対しての有効性について

一概に全ての次亜塩素酸水に有効性があるわけではなく、有効塩素濃度が35ppm以上、水素イオン指数が6.5phの次亜塩素酸水であれば、20秒で新型コロナウイルスの99.99%以上の以上のウイルスが死滅する事が確認されました。

ただし、今回のNITEでの最終検査は新型コロナウイルスへの「有効性」を確認するものであって、「安全性」を証明するものではありません。

その為、現在も製造・販売している各メーカーで取得している第三者機関での安全性試験データ各エビデンス資料をよく吟味する必要があります。

次亜塩素酸水が新型コロナウイルスに有効との立証はされましたが、今後、新型コロナウイルスの完全終息を期待するのではなく、「ウィズコロナ」の言葉通り、新型コロナウイルスと共存していかなければならない生活を強いられてくる事は容易に想像ができるかと思います。

&wpaia(アンドオレア)が考える3つの大切な事をお伝えしたいと思います。

先ず1つ目

大前提として「うがい」「手洗い」「換気」をして、極力密を避けること。
そのうえで&wpaia(アンドオレア)などで除菌をして、日々の衛生環境の管理をされますようにお願いします。
また、次亜塩素酸水を使用する場合は、手指や対象物が油脂や埃、泥などで汚れていないことが必要です。
対象物が汚れていると、菌やウイルスに影響する前に、汚れに反応して有効成分が分解してしまいます。
「仕上げに次亜塩素酸水」という手順が最も有効です。

次に2つ目

各メーカーにて販売されている「次亜塩素酸水」を見極めること。
「次亜塩素酸水」と一括りにされている製品のなかで、以下の項目に注視して製品選びをして下さい。

【!】有効塩素濃度が記載されている(35ppm以上)
【!】水素イオン指数が中性領域(6.5ph ±0.3)
【!】製法が明確に記載されている(電解式か非電解式「混合方式など」)
【!】製造元や販売元の情報が明記されている。
【!】製品安全データシート(SDS)はもちろん、各公的機関や民間企業への製品品質の有効性や安全性のエビデンスの取得(これが最も大事!)

最後に3つ目

間違った情報に左右されない。
原材料や生成方法も違う数種類の「次亜塩素酸水」を一括りで取り上げ、間違った情報が報道されている事に、とても危機感を感じております。
この度の、経済産業省 及び 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)の途中経過を取り上げ、「次亜塩素酸水は新型コロナに有効ではない」などの、間違えた情報が報道された事は記憶に新しい事かと思います。
その後の、最終結果では今回の次亜塩素酸水が有効である発表について、メディアが全くと言っていいほど情報を発信しません。
それは前回の中間報告で「効果が無い」「危険」を散々報道した結果、全くの間違いであったからだと認識しております。
このように「次亜塩素酸水」についての間違えた情報が多いなかで、やはり今後は自己防衛の意味も含めて、ご自身で正確な情報を取りに行く事が必須となってくると思います。

次亜塩素酸(水)の空間噴霧について

経済産業省 及び 独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)では、噴霧の安全性は、経気道での吸引による毒性を確認する必要があるが、経口毒性のみを確認して安全性を主張するものも見られると言及しており、経口毒性のエビデンスのみで安心安全・空間噴霧可能と謳い、製造販売しているメーカーに注意するように案内しています。
空間噴霧については、次亜塩素酸水として一括りでみるのではなく、各メーカーが空間噴霧に関わる試験データやエビデンスを取得しているかをしっかりと確認した上で、噴霧するかどうかを判断してください。
誤って「次亜塩素酸ナトリウム」を噴霧したこと等による健康被害も確認されています。
経済産業省 及び 厚生労働省では「次亜塩素酸ナトリウム」「次亜塩素酸水」は全くの別物と案内していますが、未だその認識が周知されていないことも事実です。

&wpaia(アンドオレア)のように人体に無害な中性領域にて生成される次亜塩素酸水もあれば、強酸性にて生成される次亜塩素酸水もあります。
&wpaia(アンドオレア)としては、正確な情報を皆さまへお伝えする事も「本当の安心・安全」をお届けするうえで、とても大切な事だと認識しております。
当製品はもちろん、他社の次亜塩素酸水の製品をお使いになって不安を感じられましたら、お気軽にご相談頂ければと思います。
今後とも&wpaia(アンドオレア)をご愛顧頂ければ幸いです。

▲TOP